kenkenの日記:Toujours Gai

集団ストーカーの被害者です。今年1月からヘリコプターに追われています。イギリス発の世界一周中です。

6/1 東バライ

 

f:id:s276bc81:20150601075920j:plain

 

f:id:s276bc81:20150601082350j:plain

 

今日は東バライ地区の寺院を見て回りました。ホテルの前にトゥクトゥクがいたので、1日貸切 ロングコース 18$で交渉しました。
このトゥクトゥクも安全性はわかりかねます。アンコール・ワット周辺は広大な密林の中にあります。日本人一人が消えても誰も気にしないと思います。 これは比喩ではありません。 大虐殺のあった国です。 慎重の上にも、慎重な行動が必要です。

バライと言うのは昔の広大な貯水池だったところだそうです。今は密林になっていたり、灌木が茂っていたりしています。
まず、プリア・カンに行きました。

 

f:id:s276bc81:20150601084527j:plain

 

ニャック・ポアンです。治水の神様だそうです。

 

f:id:s276bc81:20150601090613j:plain

 

タ・ソムです。城門に木がまとわりついていました。

 

f:id:s276bc81:20150601092827j:plain

 

東メボンです。昔は貯水池の中心になっていたそうです。

 

f:id:s276bc81:20150601094846j:plain

 

プレ・ループです。

 

f:id:s276bc81:20150601101937j:plain

f:id:s276bc81:20150601101603j:plain

 

プラサット・クラヴァンです。中央の祠の中のレリーフが見事です。

 

f:id:s276bc81:20150601103125j:plain

 

プラサット・パッチュムです。

この遺跡は密林の奥地にあります。行く道すがらにも遺跡にも、観光客や人は誰もいません。私とドライバーだけです。遺跡は崩れています。

 

f:id:s276bc81:20150601104015j:plain

f:id:s276bc81:20150601104922j:plain

 

バンテアイ・クデイです。

 

f:id:s276bc81:20150601111904j:plain

 

タ・プロームです。回廊に樹木がまとわりついていました。

 

f:id:s276bc81:20150601120038j:plain

 

タ・ケウです。

 

f:id:s276bc81:20150601122033j:plain

 

トマノンです。

 

f:id:s276bc81:20150601123014j:plain

f:id:s276bc81:20150601123319j:plain

 

チャウ・サイ・テボーダです。
デバターのレリーフがあります。

 

f:id:s276bc81:20150601125042j:plain

f:id:s276bc81:20150601125055j:plain

 

東バライから帰りはアンコール・トムの東門を通って、アンコール・トムの中を通り、南のシェムリアップに帰りました。
橋の欄干には綱引きのモチーフが使われています。
これで、一通りシェムリアップに近いところはみました。郊外にはまだまだ遺跡があるそうです。
どれも見る価値のある寺院だと思います。私もガイドブックを見て周っただけですので、詳しい説明はできません。
途中、私の見て周る範囲が予想より広いと、運転手が言い出して、25$で交渉しなおしすることになりました。
朝7時30分ぐらいから見て周り、午後2時ぐらいで終了しました。