kenkenの日記:Toujours Gai

集団ストーカーの被害者です。今年1月からヘリコプターに追われています。イギリス発の世界一周中です。

下痢について

f:id:s276bc81:20150405084924j:plain

f:id:s276bc81:20150405085355j:plain

3月28日にカイロに来てから普通に外のレストランで食事をしていました。

4月1日から強烈な下痢が始まりました。食事はなんとか食べられます。腹痛もあまりありません。ただ下痢が1日10回ぐらい続きます。

f:id:s276bc81:20150331142349j:plain

3月30日と31日に上の写真にあるقصب

アサブというキビの搾りたてジュース(2E£)を飲みました。これが原因ではないかと思います。生ものは食べないと言っておきながら迂闊なことをしてしまいました。

私は今まで土地の人と同じものを食べて特にトラブルはありませんでした。しかし、この考えは途上国では当てはまらないようです。

しばらく様子をみていましたが、一向に軽快しません。ルクソールに着いた時は体調は最悪でした。だるい上に強烈な暑さでした。

4月4日に病院に行きました。ホステルでLUXOR  INTERNATIONAL HOSPITALを紹介してもらいました。

駅前のホステルから徒歩15分ぐらいです。

病因に入って受付で下痢をしているというと、案内人が外来の診察室へ案内してくれました。日本の病院とおなじように多くの人が並んでいる中、外国人のせいか順番を飛ばして受付してくれました。受付の時に10E£を支払いました。30分ぐらい待って診察室に呼ばれました。

私は予め自分の症状・経過をノートに書いておきました。

いつカイロに来て、何を食べて、いつからどのような症状がでて、どのような状態でいるかです。

診察の時に自分の症状を口頭で述べるのは難しいと思ったからです。

医師は真摯に私の話を聞いてくれて、丁寧に診察してくれました。感染性の腸炎を起こしているから抗生物質を処方するとのことでした。

点滴もしてくれました。ただ、この点滴ですが看護師が針を刺す時にアルコール消毒も何せず、いきなりそのまま針を刺しました。抜くときもただ抜いて、普通の綿を当てただけです。なんともなかったですが。点滴代を払おうとしたら、もう終わりです。点滴は無料です、と言われました。

病院で支払ったのは受付の時の10E£だけです。

あまりに安いのでこちらが申し訳ないぐらいです。

私が見てもらったのは、そういう所得のない人用の外来だったのかもしれません。すべてこんなに安いとは思えません。

病院を出て、近くの薬局で処方箋を渡して、2種類の抗生物質5日間分とビタミン剤をもらいました。全部で50E£でした。

薬を飲むと翌日から激しい下痢は徐々に軽快しました。

医師はレストランで食事をしないように言いました。

ホステルでも町のレストランで食事をしないように言われました。しかし、町で食べなければどこで食べればいいのでしょう?

その後私は食事はマクドナルドのフィレオフィッシュのセットばかり食べています。

ヨーロッパでは努めてファーストフード店はいかないようにしていましたが、途上国ではむしろ頼りにせざるを得ません。今は全快しました。