読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

kenkenの日記:Toujours Gai

集団ストーカーの被害者です。今年1月からヘリコプターに追われています。イギリス発の世界一周中です。

ある話 2

f:id:s276bc81:20150122104544j:plain

①今、日本には至る所に監視カメラがある。駅に、銀行に、学校に、病院に、スーパーに、なぜこんなに監視カメラが必要なのだろう?

なぜ、こんなことになったのだろう?

駅で事件があったから?

詐欺で銀行からお金が引き落とされるから? 

これだけ監視カメラをつけてるのになぜ減らないのだろう?

学校に不審人物が侵入するから?

スーパーで万引きが起こるから?

②なぜ国民総背番号制が必要なのだろう?

年金の支給が確実に把握できないから?

③最近インターネットを使った事件がよくニュースになっている。

インターネットを使ったハッカー事件や情報流出の事件

全然別個のようにみえることも視点をずっとひいてみればわかる。

結論から言おう。ここ数日でたどり着いた結論だ。

彼らは誰かを探している。血眼になって捜している。今までの支配の構造が崩壊してしまうからだ。

「彼ら」について私は何も知らない。

「誰か」についても何も知らない。

知っているのは「彼ら」は集団ストーカーを演出している連中だということ。「誰か」は何かを知っている、ということ。

彼らにとって都合の悪いことを。

おそらく、集団ストーカー被害者のリストだ。

見つかればおそらく殺される。

だから毎日日本で、世界で事件を作り出しているのだ。人は生活している限り、駅に行くし、銀行にも行く。一生のうちに病院に行かない人はいない。インフルエンザにもかかれば誰だって病院に行かざるを得ない。カルテの電子化によりすべての人間を監視できる。

監視社会にするために駅や町で無差別大量殺人事件を演出し、おれおれ詐欺を演出している。テロの脅威もいつまでたってもなくならないわけだ。

悪者といい者の親玉が実は同じだったというからくり。何百年も前からだ。私たちが知っている世界の歴史は事実ではあっても、真実ではない。

世界の紛争は作り出されている。フランスの事件も、ロシア・ウクライナ紛争も、おそらく日本人拉致も彼らが絡んでいる。

日本やドイツは最初から負けるように仕組まれていたんだ。

ヒトラーなど漫画でしかない。しかし、仕事が増え、給料が増え、株価が上がればみんな熱狂する。その熱狂でメディアが、元首が暴走する。そうなるように演出されていたんだ。

そしてこれからの狙いはインターネットの規制だ。

そのために、インターネットを使った事件を演出している。

wikileaksもエドワード・スノーデンもそのために演出されているにすぎない。

まず目的があり、そしてそれを規制・監視できるような事件を作り出すのだ。

私は自分の周りで何が起こっているのか皆目わからなかった。

しかし、環境を変えて異文化の中で自分を相対化して考えているうちに、全く別の過去のいろいろなことがパズルのように組重なっていくようになってきた。

おそらく、これからインターネットを利用した事件が頻発する。狙いはインターネット利用者の監視・総背番号制だ。