読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

kenkenの日記:Toujours Gai

集団ストーカーの被害者です。今年1月からヘリコプターに追われています。イギリス発の世界一周中です。

6/11・12 ハロン湾ツアー

f:id:s276bc81:20150611112354j:plain

 

今日はホテルでグループツアー(団体)を紹介してもらい、一泊二日(船中泊)のハロン湾ツアーに出かけました。

(料金 送迎代、クルーズ船代、1日目の昼・夕食、2日目の朝・昼食、ガイド代 すべて込みで1773000ドン、これに私は部屋を一人で利用するので、600000ドンプラスされます。

計2373000ドン(約13450円)となります。)

ホテルまで送迎サービスがあります。9時前に迎えに来ました。

私が最後の乗客で助手席の後ろだけ空いていました。

ハロン湾ツアーには日帰りもありますが、ベトナムの弾丸ツアーが続きましたので、歩かなくても済む船中泊の一泊二日のツアーを選びました。

ハロンは竜が舞い降りたという意味だそうです。

 

f:id:s276bc81:20150611124927j:plain

 

13時前にハロン湾のクルーズ船乗り場に着きました。

この小型ボートはずっと曳航されていて、小さな島に上陸するときに利用します。

 

f:id:s276bc81:20150611125429j:plain

 

小型ボートからクルーズ船に乗り換えます。

1階と2階の部屋があります。私は1階でした。2階は値段が違うのかもしれません。申し込むときに何も説明はありませんでした。

 

f:id:s276bc81:20150611141827j:plain

 

f:id:s276bc81:20150611141919j:plain

 

部屋の写真です。こぎれいにしてあります。

船に乗り、すぐに昼食です。食事はすべて中華でした。おいしかったです。

 

f:id:s276bc81:20150611142222j:plain

 

f:id:s276bc81:20150612105256j:plain

 

f:id:s276bc81:20150611144314j:plain

 

大小2000近い島々の間をぬって船は進みます。絶景です。

 

f:id:s276bc81:20150611153258j:plain

 

f:id:s276bc81:20150611153718j:plain

 

f:id:s276bc81:20150611160639j:plain

 

カヤックに乗り換えて洞窟を進みます。

カヤックは足元が濡れるので、水着が必要です。

洞窟を超えると、中は岩で囲まれた湖のようになっています。

猿がいました。

二人一組で私は、一人旅のイギリス人男性と組んで乗ることになりました。

 

f:id:s276bc81:20150611170443j:plain

 

f:id:s276bc81:20150611170524j:plain

 

その後、ボーホン島にあるスンソット洞という鍾乳洞に行きました。(スンソットはベトナム語で”びっくり”という意味だそうです。)

名前のとおり非常に大きく、不思議な光景でした。

何かSF映画に出てくる別の惑星の基地のような感じでした。

普通に入れるところまでで比べたら、フォンニャ洞窟より規模は大きいです。

 

f:id:s276bc81:20150611173418j:plain

 

f:id:s276bc81:20150611173914j:plain

 

f:id:s276bc81:20150611181511j:plain

 

その後、ビーチのある島に上陸しました。泳ぐ人、島の頂上まで登る人、木陰のベンチで休む人、人それぞれ思いのままに過ごしていました。

私はベンチに座って、ただ、ひたすら海を眺めていました。

船に戻って、夕食を食べました。その後はめいめいで夜を過ごしていました。カラオケもあったようです。

f:id:s276bc81:20150612083149j:plain

 

f:id:s276bc81:20150612083352j:plain

 

 

f:id:s276bc81:20150612084059j:plain

 

 

f:id:s276bc81:20150612085052j:plain

 

 

f:id:s276bc81:20150612105155j:plain

 

翌日は真珠を養殖している場所に出かけました。

日本の技術だそうです。

そこそこお値段はしているようです。

かわいいおみやげもありました。

帰りはやはり島々の間をぬけて航海します。

12時頃に港に帰り、13時頃にバスが出発し、ハノイのホテルに戻ってきたのは17時頃でした。

最後になって昨日のカヤックは別料金だと言って50000ドン(約283円)を請求され支払いました。