kenkenの日記:Toujours Gai

集団ストーカーの被害者です。今年1月からヘリコプターに追われています。イギリス発の世界一周中です。

5/23 スコータイ

f:id:s276bc81:20150523091831j:plain

f:id:s276bc81:20150523093036j:plain

f:id:s276bc81:20150523093536j:plain

今日はスコータイ歴史公園に行きました。東西1800m、南北1600mの城壁(といっても実際は高さ2mぐらいの土塁)に囲まれた城壁内の遺跡を見に行きました。
城壁内も一部は都市化されていて、遺跡が集まっているのは、一辺1km四方内ぐらいです。(入場料100THB)
それでも広い範囲ですのでほとんどの人は自転車を借りて見て回っています。
まずワット・マハータートに行きました。レンガ作りの寺院が残っていました。仏様は穏やかな表情でした。

 

f:id:s276bc81:20150523100334j:plain

 

 

その後、ワット・シー・サワーイに行きました。ヒンドゥー教の寺院を仏教寺院に改修したそうです。

 

 

f:id:s276bc81:20150523101735j:plain

f:id:s276bc81:20150523101848j:plain

 

ワット・トラパン・ウグンです。

 

f:id:s276bc81:20150523103019j:plain

 

池に浮かぶように作られているワット・スラ・シーです。

 

f:id:s276bc81:20150523114350j:plain

 

その後、城壁の500mほど北にある、ワット・プラ・パーイ・ルアンに行きました。ここはほとんど廃虚です。ほとんど崩れています。
城壁の北部は別途入場料100THB必要です。

 

f:id:s276bc81:20150523120350j:plain

f:id:s276bc81:20150523120719j:plain

f:id:s276bc81:20150523120759j:plain

 

さらに1km西にあるワット・シー・チュムに行きました。壁に囲まれた中に仏様がありました。もとは周囲に建物があり、本堂といったつくりだったのでしょうか。

f:id:s276bc81:20150523131901j:plain

f:id:s276bc81:20150523133609j:plain

f:id:s276bc81:20150523134939j:plain

 

 

14時ごろに観光を終了し、スコータイ歴史公園入り口近くの店で食事をしました。
鶏肉と野菜を炒めたものを御飯に盛り合わせたもの(40THB)とトムヤンクン(90THB)とミックスフルーツのスムージー(40THB)を注文しました。
トムヤンクンは酸っぱ辛くておいしかったです。ミックスフルーツはそれなりでした。
まだおなかがすいていたので、エビのお粥を注文しました。(50THB)
おなかに優しそうな味でした。
のどが渇いていたので、さらにマンゴーのシェイクを頼みました。(30THB)
あまり糖度は高くなく、水っぽいだけでした。
スムージーとシェイクがどう違うのかと思って注文しましたが、どちらもフルーツと氷をミキサーにかけたものでした。
氷を使っている分、のどごしはいいです。

 

 

f:id:s276bc81:20150523151453j:plain

ホテルに戻って泳ぎました。
タイのホテルは中級以上であればプールがついています。
バンコクでも泳いでいました。
スコータイでそれほど高くないホテルでもプールがありました。
タイはどこもかしこもリゾート化を目指しているようです。
そのうえ、どこもかしこもきれいです。比較的に最近つくられたものばかりのようです。
これは驚異的なように私は感じます。
バンコクでも都市のど真ん中に巨大なショッピングモールがありました。
パリでも新凱旋門のあるLa Défense(ラ・デファンス地区)に巨大なショッピングモールがありました。
先進国では地価の都合でだいたい郊外になります。ヨーロッパの町の中心にある百貨店はだいたい日本と同じような規模でした。
都市の真ん中に巨大なショッピングモールが何件もあり、さらにブランド品専門のショッピングモールがあり、どれも新しくきれいです。こんななところは珍しいのではないでしょうか。
タイはかなり進化を遂げているように思います。
タイは安いと喜んでばかりいられません。
うかうかしていたら日本は追い抜かれしまうように思います。