読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

kenkenの日記:Toujours Gai

集団ストーカーの被害者です。今年1月からヘリコプターに追われています。イギリス発の世界一周中です。

5/21 バンコク7日目

f:id:s276bc81:20150520062657j:plain

 

今日はチャオプラヤー川西岸にあるトンブリー駅からカンチャナブリーに行きました。
土日は中央駅のクルンテープ駅(ワラポーン駅)からも出ているようです。ホテルからタクシーで140THBでした。タクシーはメーター性で35THBから始まります。
およそ30分ぐらい乗って100THBぐらいです。バンコクはあまり電車が便利でないのでタクシーを使ったほうがいいかもしれません。タクシーに乗ったら、メーターが動いているのを確認する必要があります。トゥクトゥクは意外と高いらしいです。

 

f:id:s276bc81:20150521075337j:plain

f:id:s276bc81:20150521075536j:plain

f:id:s276bc81:20150521075516j:plain

 

f:id:s276bc81:20150521095535j:plain

トンブリ駅を7時50分に出ました。カンチャナブリー駅には11時30分に着きました。およそ1時間遅れました。ここで降りる人もいますが、私は次のクウェー川(クワイ川)橋駅で降りました。(列車代100THB)

 

f:id:s276bc81:20150521115337j:plain

f:id:s276bc81:20150521120140j:plain

f:id:s276bc81:20150521120301j:plain

f:id:s276bc81:20150521121357j:plain

 

駅を降りるとすぐにクウェー川にかかる橋があります。映画、戦場にかける橋になった舞台です。自己責任のもとに橋を渡ることが出来ます。先ほどの列車はこの橋を渡ってナムトクに行き、折り返してきます。折り返してきた列車に乗ってトンブリ駅に戻る予定です。列車が通る、崖沿いにある桟道橋はまだこの先です。観光名所になっています。今日は日帰りできたので、そこへは行かないことにしました。
近くに日本人が建立した慰霊碑がありました。

 

f:id:s276bc81:20150521122849j:plain

f:id:s276bc81:20150521122934j:plain

f:id:s276bc81:20150521130823j:plain

 

ここからバイクタクシーでカンチャナブリー駅のほうにもどり、JEATH戦争博物館に行きました。(バイクタクシー代60THB、JEATH戦争博物館入場料50THB)
クウェー川鉄橋建設当時の様子や捕虜の様子が写真で紹介されています。
短編映画も上映されていました。

 

f:id:s276bc81:20150521133328j:plain

 

その後カンチャナブリー駅近くにある泰緬鉄道博物館に行きました。(入場料120THB)
泰緬鉄道建設に関する資料が展示されてありました。

 

f:id:s276bc81:20150521161721j:plain

 

その後ナムトクから折り返してきた列車に乗ってトンブリー駅に戻りました。
定刻14時48分発のはずが行きが遅れたせいもありカンチャナブリー駅に16時30分に到着し、単線のため、行き違いの列車を行き過ごす必要があったため、出発したのは17時でした。トンブリー駅定刻17時40分着の予定が、実際に着いたのは20時30分でした。
駅からホテルまで帰りもタクシーで帰りました。ただ、タクシー運転手は全く英語が話せないため、ガイドブックを見せると、乗車拒否のような態度をとります。自分のホテルの近くのプルンチットとだけいうと、すんなり走り出しました。