読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

kenkenの日記:Toujours Gai

集団ストーカーの被害者です。今年1月からヘリコプターに追われています。イギリス発の世界一周中です。

5/12 デリー

f:id:s276bc81:20150512094330j:plain

f:id:s276bc81:20150512100857j:plain

今日はゲストハウスの手配でタクシーを一日借り切ってデリーを観光しました。(タクシー代1日8時間まで2000Rs)
まず、ジャマー・マスジットに行きました。(入場料は無料ですが、カメラの持ち込み代300Rsです。)
インドのモスクです。1857年のインド大反乱の時に反乱軍がここに集結し、包囲したイギリス軍に最後の突撃をしたそうです。
左のミナレットは登ることが出来ます。(別途100Rs)
後ろに見えるのはラール・キラー(赤い城)です。

 

f:id:s276bc81:20150512103716j:plain

f:id:s276bc81:20150512111112j:plain

 

その後ラール・キラーに行きました。(入場料250Rs)
赤い砂岩でできているのでこの名前があります。
インドの城は広大な敷地に建物が散在しています。建物を見て歩くだけでも一苦労です。
1857年のインド大反乱の時にかなり破壊されたそうです。今は空虚な印象を受けます。

 

f:id:s276bc81:20150512131352j:plain

f:id:s276bc81:20150512131143j:plain

 

その後クトゥブ・ミーナール(ミナレットの意味)に行きました。(入場料250Rs)
高さ72.5mのミナレットです。近くには3~4世紀に作られた鉄柱があります。今だに錆びないそうです。

 

f:id:s276bc81:20150512142414j:plain

 

その後フマユーン廟に行きました。(入場料250Rs)

 

f:id:s276bc81:20150512145923j:plain

f:id:s276bc81:20150512150304j:plain

 

その後ガンディー記念博物館に行きました。(入場無料)
ここはガンディーが最後に住んでいた場所です。ガンディーの足跡が続いていて、ここで途切れています。ここで暗殺されたそうです。

 

f:id:s276bc81:20150512154905j:plain

 

その後国立博物館に行きました。(入場料300Rs、カメラ持ち込み代300Rs)
貴重な彫刻がありました。

 

f:id:s276bc81:20150512163039j:plain

 

最期にインド門を撮影して観光を終了しました。
タクシーの貸し切り時間8時間を丁度終了しました。
デリーは広く、とにかく暑いです。今日の気温は40度です。
遺跡が散在していますので貸し切りタクシーでの移動をお勧めします。
移動している間はクーラーの効いたタクシーの中で休めます。

 

デリーの地図