読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

kenkenの日記:Toujours Gai

集団ストーカーの被害者です。今年1月からヘリコプターに追われています。イギリス発の世界一周中です。

4/12 アレキサンドリア

f:id:s276bc81:20150412135036j:plain

今日はアレキサンドリアにやって来ました。ラムセス駅から列車で3時間ぐらいで最終地マスル駅につきます。1時間に1本ぐらい出ているようです。(1st class 41E£)
駅から徒歩20分ぐらいのところにポンペイの柱というローマ時代の遺跡があります。(30E£)
アスワンの花崗岩でできているそうです。かっては400本ぐらい立っていて図書館だったそうです。
今はこれ1本だけです。ただ、これがあるだけです。

 

f:id:s276bc81:20150412143003j:plain

次にマスル駅の近くの円形劇場に行きました。(30E£)ローマ時代の遺跡です。ただこれだけです。あとは廃墟が広がっていました。
その後アレキサンドリア博物館に行きました。(40E£)
このあたりで発掘されたものが展示されていました。規模は小さいです。

f:id:s276bc81:20150412154442j:plain

その後アレキサンドリア図書館に行きました。ガイドブックには図書館10E£、写本博物館20E£、考古学博物館20E£と書いてありました。
図書館に行くと入場料70E£と言われました。私は図書館だけでいいと言いましたが、全部の料金しか表示されていませんでした。今までの経験から博物館なども期待できそうにないので図書館だけいいと思いました。
どこの国に図書館に入るのに70E£もかかる国があるでしょうか?
私は入るのをやめました。

f:id:s276bc81:20150412155631j:plain

f:id:s276bc81:20150412160257j:plain

その後海岸線を歩きました。少し離れたところにカーイトゥベーイの要塞というものが見えます。昔ファロスの灯台というものがここに立っていたそうです。今は軍事博物館になっているようです。
カイロから日帰りで来ましたので、ここへは行きませんでした。

マスル駅で帰りのチケットを買おうとしたら、今日は満席と言われました。バスで帰ろうかとも思いましたが、満席ということは、ここは最終駅ですから予約の必要なエアコンのついている1等と2等の列車を探せば、それは高い確率でカイロへ行く列車だということになります。まさに人が乗り込んでいるそのような列車がありましたので、近づいて列車の乗務員に、カイロへ行くかと聞くと、カイロに行くと言うので列車に乗りました。列車はまもなく発車しました。列車はほぼ満席でした。しかし、ところどころ空いている席もありますので座っていると車掌が来てチケットを売ってくれました。(41E£)これでカイロに帰りました。エジプトはチケットは列車内でも買えます。しかし、座れるかどうかは運次第です。チケットは予め買っておくのが望ましいです。
アレキサンドリアは特に何もない町でした。