kenkenの日記:Toujours Gai

集団ストーカーの被害者です。今年1月からヘリコプターに追われています。イギリス発の世界一周中です。

4/8 アスワン

f:id:s276bc81:20150408093725j:plain

今日はアスワン近辺を周るホテル手配のツアーに参加しました。115ドルでした。ツアーといってもこのホテルの場合は個人、家族、グループごとにガイド、車がつきます。他人との団体行動はありません。高いのも当然です。私は一人ですので私だけにガイド・タクシーが用意されています。

最初に切りかけのオベリスクを見に行きました。作成途中に亀裂が入って放棄されたそうです。花崗岩で出来ています。ここでオベリスクを切り出してナイルの氾濫時に川が近くまでせまってきたときに、船に乗せて下流へ運んだそうです。

ガイドの話ではこのあたりはヌビアと呼ばれていて、金を意味するそうです。昔は金を産出したそうです。なぜ、ラムセス2世がこんな辺鄙なところに巨大なアブシンベル神殿を建てたのか不思議でしたが、そのあたりの事情があるのかもしれません。

f:id:s276bc81:20150408101853j:plain

次にアスワンハイダムを見に行きました。巨大なダム湖が広がっています。

f:id:s276bc81:20150408110958j:plain

f:id:s276bc81:20150408120223j:plain

その後フィラエ島にあるイシス神殿を見に行きました。この神殿はダムで水没するところでしたが、隣の島にそっくりそのまま移築したそうです。島へは渡し船でいきます。

今日のガイドさんはとても優秀な方でした。用意した紙にひとつひとつ図を書いて説明してくれました。

更に彼が頭がいいのはイシス神殿から帰りの時に、船頭に10E£、タクシードライバーに20E£のチップをあげてほしいと私にささやいたことです。

私は帰りの船の中で船頭に10E£を渡しました。

そして私が差し出した50E£を、彼は静かな微笑とともに受け取りました。

帰りのタクシーで運転手に20E£を渡しました。

私はこの日の朝にホテルのフロントの女性にバクシーシについて質問しました。タクシー運転手やガイドにバクシーシはいるのかと。フロントの女性はツアーはすべて含まれているのバクシーシはいらないと言いました。

しかし、現実にはチップとしての金銭は必要なようです。1日当たり最低で20~30E£のようです。

f:id:s276bc81:20150406154419j:plain

f:id:s276bc81:20150407170056j:plain

f:id:s276bc81:20150407162307j:plain

泊まっているのはソフィティルレジェンドオールドカタラクトというホテルです。アガサクリスティーが滞在していたホテルです。言えばアガサクリスティーが滞在していた部屋を見せてくれます。中を見せてもらいました。滞在時のまま置いてあるようです。

上の写真の右手の赤い建物の3階の真ん中がアガサクリスティーが滞在していた部屋です。その下2階のひさしのある部屋はウィストン・チャーチルが滞在していた部屋です。

すばらしいホテルですが、朝食のビュッフェはおいしくありません。

 f:id:s276bc81:20150408141802j:plain

 昨日アスワン駅でカイロへの寝台車を予約しに行ったら、8日は満員で、9日は空いているということでしたので、9日のチケットを購入しました。758E£でした。行きと帰りが微妙に違っています。8日のチケットを買えなかったので、昨日もう1泊ソフィティルレジェンドオールドカタラクトに泊まる予約をしました。ホテルの予約はいつもBooking.comを利用しています。

でも、今日のツアー見学をしているうちに気が変わりルクソールに戻ることにしました。(電車台47E£)ホテルの料金は前払いです。今夜の分は昨日払っていますが、返金は当然ありません。

アスワン駅で購入した寝台車はルクソール駅からの乗車でも使用できるのは駅で確認しています。料金は同じです。