kenkenの日記:Toujours Gai

集団ストーカーの被害者です。今年1月からヘリコプターに追われています。イギリス発の世界一周中です。

3/20 ベルガマ(ペルガモン) アクロポリス アスクレピオン

アクロポリス

f:id:s276bc81:20150320082219j:plain

 

f:id:s276bc81:20150320085326j:plain

ゼウスの大神殿跡

f:id:s276bc81:20150320093555j:plain

今日は かってペルガモンと呼ばれていたこの町の山の上にあるアクロポリスに行ってきました。(入場料25TRY、オーディオガイド10TRY) 頂上にはふもとからロープウェーで登ります。(代金12TRY)

Google マップ - 地図検索

かつてここには、ゼウスの大神殿がありましたが、今はドイツのペルガモン博物館に復元された形であります。そういうこともあってかドイツの団体ツアー客が多かったです。

ペルガモン博物館 - Wikipedia

トルコの博物館にあまり目立ったものが見られないのはこのような状況があるからなのかもしれません。しかし、ではドイツが発掘して保存しなければ朽ち果てたままだったでしょう。あるいは破壊されていたかもしれません。

その後アスクレピオンに行きました。かっての医療施設跡です。(入場料20TRY)

f:id:s276bc81:20150320110312j:plain

午後はエフェス見学のためセルチュクに移動しました。

ベルガマの市内にカンタル・ガラジュ(ガレージの意味?)というミニバスの発着場があり、ここにメトロ社の支店があり、セルチュクの手前のイズミルという町までのチケットを購入しました。(バス代12TRY)

ベルガマの市内にあるカンタル・ガラジュ↓ バスはここから出ます。

f:id:s276bc81:20150320115830j:plain

ベルガマのカンタル・ガラジュを出たミニバスはイズミルのオトガルに到着します。ここでまたミニバスを乗り換えてセルチュクに向かいます。イズミルからセルチュクへは名もないミニバスでした。ベルガマから乗ってきたバスが到着したところの隣の隣ぐらいに止まっていました。料金はバスの中で払いました。チケットもレシートもありません。(10TRY)

f:id:s276bc81:20150320141332j:plain

セルチュクは町の中心にオトガルがあります。このバスでセルチュクにやって来ました。広大なトルコを個人旅行するにはバスの利用に習熟する必要があります。実感としては慣れれば難しくなさそうですが、英語がほとんど通じないか、通じたとしても自分の都合のよい部分しか理解していなかったりして、やはりツアーで行ったほうがいいと思います。