読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

kenkenの日記:Toujours Gai

集団ストーカーの被害者です。今年1月からヘリコプターに追われています。イギリス発の世界一周中です。

集団ストーカー

ある話6 ヨーロッパの集団ストーカー被害者の集会 2015年10月1日~2日

www.covertharassmentconference.com 今日はこの会議に参加してきました。 今年はベルリンで開催されました。 約150人ぐらいが参加していました。 主催者のPeter Mooringさんです。オランダ人です。 会議はすべて英語でした。 Peter Mooringさん自身が集…

ある話 5

①最後のロシア皇帝・ニコライ2世は不運な人でした。世界を旅しては日本で切り付けられ、戴冠式では、集まった群衆が将棋倒しになり、死者が出て、民衆に恨まれ、子供は血友病になり、祈祷師を雇い入れる羽目になり、極東に野心を抱き、日本との戦争に突入す…

ある話 4

アンコールワットの遺跡に日本人武士の落書きがありました。 注意深く見て頂いた方は、そこに帝国と上から、彫ってあるのを確認できたと思います。 誰が、こんなことをしたのでしょうか? 漢字であることから中国人でしょうか? それはないと思います。 99.9…

ある話 3

カイロの空港から市内までの公共バスがわかりにくいと書きました。 わかりにくいこと自体はそれほど問題ではありません。ゆっくり落ち着いて行動すれば解決できることです。 問題は、わかりにくいと右往左往してしまいます。右往左往すると、心にすきが生じ…

ある話 2

①今、日本には至る所に監視カメラがある。駅に、銀行に、学校に、病院に、スーパーに、なぜこんなに監視カメラが必要なのだろう? なぜ、こんなことになったのだろう? 駅で事件があったから? 詐欺で銀行からお金が引き落とされるから? これだけ監視カメラ…

ある話 1

彼がその町に来た理由はわからない。旅の途中だったのか、あるいは仕事を探しに来たのかもしれない。彼を苛立たせたのは、行くところ、行くところに保安官が現れることだった。彼が何かをしようとすると、常に邪魔をして妨害するのだった。人との交流を邪魔…

1月14日 なぜフランスなのか ワルシャワにて 

フランスが非難される理由はない。移民を受け入れ、援助もしている。なのになぜフランスなのか。それは移民を受け入れているからだ。禅問答のようだが、それが集団ストーカーの手口なのだ。長所、得意としているところをついてくるのだ。フランスは寛容だ。…

1月9日 オウム真理教を考える ベルリンにて

以下のビデオで上祐史浩さんは正体不明の飛行機が飛んでいた。と言っている。彼らもまた集団ストーカーの被害者だったと思われる。宗教集団を意図的に孤立させ、社会に敵意を抱かせテロを誘発させたのだと思われる。上祐史浩さんは少なくとも自分の知ってい…

7月2日 PC遠隔操作事件の真実と集団ストーカー

http://www.youtube.com/watch?v=Os5ZCcf-DuQ PC遠隔操作事件の真実と集団ストーカー 音声版 投稿しました。 見てください。m(._.)m PC遠隔操作事件は集団ストーカーを世間に周知させる目的で行われたものだと思います。 PC遠隔操作事件と集団ストーカー…

PC遠隔操作事件の真実 続き

私は仕事で全国を渡り歩いていました。どこに行っても彼女は私のことを知っていました。 ということは私個人を監視するために尾行がいたということではなくて、もうすでに全国のいたるところに秘密の監視カメラがしかけてあり、何らかの理由で監視対象になっ…

PC遠隔操作事件の真実 (6月25日内容追加)

http://youtu.be/CuXb9b6Ck_0 私は長年、仕事の関係で全国を移動していました。 その中でおかしなことがありました。駅やショッピングモールに行くと私の前に警備員が出てくるのです。 偶然とは思えない頻度で現れます。私はただ普通に仕事して移動している…